投稿日:

むくみを長年放置したせいで、たるみまで・・・!

生理前や生理中の時に主に顔がむくみますが、お酒を飲んだ翌日や、疲れている時や寝不足や体調が悪い時もむくみやすいです。

私の場合は顔のむくみが出る前兆として寝る前に顎がだるくなります。

エラの部分が凝り、歯が痛いわけではないのに顎や口周りが重くだるくなります。ひどい時にはだるさでなかなか寝付けれません。

そうなると、翌朝は必ずと言って良いほど顔がパンパンにむくみ、顔色も赤黒くなっています。エラの凝りも痛みも一層ひどくなり、常に手のひらでグッと抑えたり揉んだりしなければなりません。

普段は二重瞼ですが、浮腫むと一重になり見た目が違ってくるのでいくら化粧をしたとしても「顔が違うよ」と言われ恥ずかしい思いをします。

浮腫んでいるときは化粧ノリも悪く、顔色も良くしないといけないので時間がかかり大変です。浮腫みを長年放置していたせいか、この頃フェイスラインや頬のたるみが目立ってきました。

浮腫んでいるとその日の気分も落ち込むので心身ともに滅入ってしまいます。

 

顔のむくみは歯の食いしばりも関係していた?!マウスピースとマッサージで解消

インターネットで調べてフェイスマッサージやツボ押しをするようになりました。

まず、冷たいタオルで顔を冷やし、その後蒸しタオルで顔を温めます。交互に何度か繰り返します。マッサージクリームや乳液を使っておでこから順番に下にいくように優しくマッサージをします。

耳の後ろにツボがあるのでそこを何度か押します。最後に首の上から鎖骨までさすってリンパを流します。

メイクをする前にこのマッサージをすると、劇的に浮腫みが取れるので毎回しています。

メイクをした後でも気になるときは耳の後ろのツボを押しています。耳の後ろのツボを押すと肩凝りも楽になってくるので暇があれば押すようにしています。

それでも完全には取れないので、病院に行き相談しました。

すると、就寝時の歯の食いしばりも原因の一つだと指摘されました。無意識のうちにグッと歯を食いしばって寝ているために、顔周りの血行が悪くなりエラ部分の筋肉が凝り固まり、むくみの原因となっているそうです。

対処法として就寝時専用のマウスピースを作りました。これをつけて寝ると、翌朝顔が浮腫む頻度が低くなってきました。

さらに日常的にむくみを排出できるようにしたいので、サプリで取る顔のむくみ!ランキングも参考にしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です