投稿日:

ぎっくり腰を経験しているので疲れがたまると腰が痛くなる

まだ二十代前半の頃に、突然仕事中にぎっくり腰になってしまい、そこから定期的に疲れが溜まってくると腰が痛くてたまらなくなります。

真っ直ぐ立つのもしんどくて、恥ずかしい思いもします。その後、妊娠・出産を繰り返したので余計に腰に負担がかかることが増えてしまい、腰痛は私にとってもとても頭の痛い悩みのひとつでした。

妊娠後期は大きくお腹に伴って腰にかかる負担が大きくて、寝返りを打つのも苦痛で寝ても起きても腰の激痛に悩まされました。

産後は、緩んだ骨盤に育児をするに当たっての疲労や同じ姿勢で、負担が大きくかかり、これまたひどい腰痛と付き合っていかなければなりませんでした。

授乳する姿勢やオムツを替える姿勢など、座って赤ちゃんのお世話をする姿勢はなかなか腰痛持ちにはしんどい負担のかかる姿勢です。

また、日々寝不足で疲れが溜まっていると、不思議と腰痛はひどくなります。悩みや不安など精神的にやられている時も酷くなりやすいです。

 

高反発マットレスに変えたり、姿勢を整えたりしています

最初の頃は近所の接骨院に通って、腰の治療をしてもらっていました。電気治療や牽引やマッサージを受けていました。それでも、一時的に良くはなっても継続的に良くなるものではありませんでした。

その後、高反発マットが良いと聞き、高反発マットで寝たりするようになりました。また、腰痛がひどい時には腰に腰用の硬いかまぼこ状の枕を当てて、腰を広げるように牽引するようにしました。

また、腰痛がひどい時は自分ですぐに解決できる方法の一つとして、腰痛に良いとされるストレスや運動を負担がない程度に自宅の布団の上で繰り返しやるようにしました。

すると、腰の筋肉もほぐれ、腰のバランスも整い、ひどい腰痛もだんだんと和らいでいくのでした。

子供を抱っこする機会が多いし、買い出し等で重たいものを持つ機会が多い主婦なので、普段の生活の中で無理な動作で腰に負担が開かないように意識するとともに、腰が弱まってしまわないようにバランス整えつつ鍛えれるように心がけてます。

腰痛を改善するためには高反発マットレスが適しているようなので、いま使用している高反発マットレスを買い換えるためにダブルサイズのランキングを見て高反発マットレスをチェックしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です