投稿日:

血流が悪くなって肩ががちがちに・・・

肩がこわばり腕かあがらなくなった時もあります。

ひどいときには首筋から肩甲骨周りの方までこりが進み目の奥とこめかみに響くような頭痛になり吐き気や気分が沈み熟睡できなくなってます。

整体やマッサージを60分受けても最初はツボに入らないほど固く、ほぐれても別の個所を揉んでもらっているうちに血行が悪くなり固くなります。マッサージの方も手を焼くほど深刻な状態です。

デスクワークの仕事なので書類とパソコンを交互に見ながらで小さい字を追って打ち込んでいく作業で同じ体勢になることが多く、眼精疲労からの肩こりの悪化もありますが、会社の床がコンクリートなので冷えが足元から全身にくるので首が回らないほど筋肉が張ってしまいつらくなります。

冬の寒い時期だけでなく夏の冷房にも血流が悪くなるせいか肩ががちがちになります。雨の日は偏頭痛と一緒に首肩の張りが強くなりだるくて痛いときもあります。

寝ている時も枕が合わないのか方がだるく感じ腕をバンザイしているように挙げて寝ることもあります。

 

月に2回のヨガ教室に通っています

家に帰ってから電気毛布を一番高い温度にして首肩に巻いて血流を良くしてみたりしています。

浴槽につかりたいところですが一人暮らしで追い炊きができないのでお風呂にお湯をためるとお金がかかるため湯船につかれない代わりに頭や顔を洗っている間だけ少し熱めのシャワーを肩首にあてたり、桶にお湯をはって足湯をして血行を良くするようにしています。

月二回のヨガ教室でヨガのポーズやストレッチポールでほぐしてみたり、それらをしても解消できないときは家にある電気治療器やクッション型のマッサージ機を肩に当ててみたりします。

あまりにもひどいときは休みの日や仕事帰りは電気屋さんでマッサージ機を試運転させてもらいに行ったり、痛み止めと葛根湯をのんでシップを貼りながら解消します。

お金に余裕がるときはスパのマッサージ師の施術を受けますが年に一回程度です。基本的にはどれも一時的にしか良くならず解消できてないので我慢することが多いです。

※要チェック!肩こり・腰痛の薬選びに迷った時に見るサイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です