投稿日:

肩が重くなり、ガチガチになります

時期でいうと、ちょうどお彼岸がすぎて、靴下を履きたくなるころから肩が重く感じてきます。何か肩の上に乗っているような重さを感じます。

それから肩から肩甲骨にかけて重たくなり、気が付くと無意識にもみほぐしたりさすったり触ったりしています。
そのあと、寒くなり上着が必要な頃には肩がガチガチになります。

肩の動きが鈍くなり、電車のつり革をつかもうと腕をあげるとピシッとした痛みが肩全体に広がります。だんだん肩以外にも首が重くなります。

暖房が必要な気温になると頭も痛くなり、背中や腰にまで傷みが走ります。

動かないようにじっとしていると痛みは感じません。ところが何かの拍子に体を動かすと鈍い痛みが肩全体に広がったり、あるいは肩の筋から首の筋にかけてずきっとした痛みが走ります。

お風呂掃除や洗濯、食事の支度など水回りの家事を行い体が冷えてしまったり、義母の介護でベッドから起こすために体を支えたりすると痛みが悪化し、ひどいときには吐き気がします。

 

身体を温めるように意識しています

今までの経験でどうやら冷えることが肩こりの原因だと思われるので、体を温めることや、血流をよくすることを心がけます。

足元は靴下をはいてボアスリッパやルームシューズをはきます。またボトムの下にはヒートテックなどのスパッツをはいたり裏地がフリースや起毛素材などの暖かい生地のボトムを履くようにしています。

ショウガとシナモンが冷え性の改善に効くというので紅茶やココアに入れて3食のいずれかに必ず飲むようにしています。

入浴剤を入れてお風呂に入り体をよく温め、そのあとストレッチや体操をしています。特に肩甲骨はがしとか
肩こりに効く体操というのを見つけては試すようにしています。

就寝時は布団の中に湯たんぽをいれ、肩が冷えないようにハーフケットを首元にかけるようにしています。

しかし、ここまでやっても肩こりがひどいときは、1センチ四方サイズの温湿布をツボと思われる場所に何枚もはります。

それから葛根湯を飲んで体を温めます。

肩こり サプリ おすすめ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です